提供する側・提供される側をフラットにする店舗経営2.0

提供する側(店)と提供される側(顧客)の構図はいずれなくなる

今後店舗のあり方は大きく変わります。

それは、商品を販売する箱から顧客が集うコミュニティスペースになる、ということです。

今までは、店舗は来店する顧客に商品を販売し、顧客が商品を購入するという商売手法でしたが、この単純なビジネスモデルではネットサービスにごっそり持って行かれてしまうため、事業を見直すタイミングが今だと思っています。

それは、コミュニティ形成(これは店舗経営2.0でもよく伝えていること)です。

これからの店舗は人が集う場となると私は予想しています。

そして、顧客と店舗の関係性も崩れフラットになると思っています。

今タレントだけではなく個人にもファンがつく時代になりました。

ある一般人がライブコマースで化粧品(自分でプロデュース)を販売すれば何十万と売れてしまう時代です。

商品の販売手法が店舗で購入するだけではなくなりました。

これは小売業だけの話ではなく、サービス・飲食業にも同様のことが言えます。

今後、ファンがいる一般人による店舗貸し切り事案が増えていくことでしょう。

今後必要なのは店が自分たちの力で顧客を「動員」する力だと思っています。

これに必要なのは魅力的なコンテンツ(企画)です。

商品やサービスはすぐには変えられないからコンテンツで集客をする必要があります。

【販促企画1.0】

「謝恩祭!」

「決算セール!」

「○○フェア」

など、これまでの企画のあり方は一方通行になります。

そこで私はこんな企画を考えてみました。

【販促企画2.0】

店舗に来店される顧客が自宅で料理を作り、その模様を料理アプリに投稿し、#○○店と店の名前を入れます。

これを後日店員に見せると500円の商品券のプレゼント。

SNSのフォロワー強化の一環です。(今後ファンであるフォロワーが多ければ多いほど安定する時代です)

店舗公式アカウント(SNS)で拡散し、「いいね」を集めます。

一番「いいね」が集まったお客様には「1日実演販売員」を務めて頂きインセンティブで日当+αを提供します。

それだけではなく、業界雑誌で特集を組んだり、私の連載・ラジオに出て頂き、メディア露出も積極的にし、最終的には料理本を出版したりと一般の主婦からスターダムに上り詰めるビジネスを行う、というのはどうでしょうか。

実は、今日まさに打ち合わせがあり大手出版社と協業でゴーサインが出ました。

顧客の活躍の場となるのが店舗経営2.0

これからの店舗で必要なのは、リピーターが熱烈ファンになるように事業設計をすることです。

熱烈ファンの特徴は、

・店舗の力になりたい!

・友人を連れて来て、やたらと語りたい(自慢したい)

です。

私にも好きなブランドがあり、周りに頻繁に紹介しています。

ここに関しては無報酬で良いのです。

むしろ報酬が生まれると興ざめするタイプの顧客気質です。

大切なのは、この熱烈ファンを量産する仕組み・仕掛けを作ることです。

一部店舗や会社ではポイントカードやアプリでチェックイン機能を実装してユーザーを囲っているとか言っていますが、ほとんど機能していません。

何を配ろうが関係ない、店を好きだったらそのポイントカードも手放さずに持っているのです。

ようは、熱烈ファンにできているかどうか、できていれば各販促は功を奏するということです。

ツールは何でも良いのです。

大事なのはもっと手前の来店満足度を感動レベルにし、毎回毎回感動して返すことで熱烈ファンになります。

このコミュニティができれば正直どんな販促を打ってもヒットすること間違いなしです。

前項でも話しましたが、顧客と店舗の関係をフラットにする施策をすることでファンはあなたの店に貢献しやすくなります。

ただ「顧客紹介カード」なんていう意味のない施策をするよりも、顧客が思わず顧客を連れてきたくなる相互支援の施策を実施することが重要です。

今後成田直人オンラインサロンでもどんどん実施していこうと思っています。

検証した結果はここでも公開しますね!

店舗経営の参考になれば幸いです。

店舗経営2.0専用ラジオチャンネルを作りました!

チャンネル登録お願いします!

YOUTUBEチャンネル 店舗経営2.0:既存のモデルを壊す勇気を持て!

このラジオを聞いていただくとより理解が深まります。

チャンネル登録も忘れずに!

そして、このサイトからしか入れない会員制のFBグループがあります。

 

店舗経営2.0FB公式グループ

店舗経営2.0FB公式グループ

経営幹部限定のコミュニティなのでみんなで切磋琢磨して業績上げていきましょう!

ツイッターも再開したのでぜひフォローをお願いします。