組織をアップデートしなければ実店舗経営は続かなくなる

組織の柔軟さと店舗の意思決定の幅が店舗運営の生命線になる

昨夜ニューズピックスのセミナー(前田氏×波頭氏)に参加してきました。

これからの時代に突き抜けられる人材はどんな人材なのか?ということがテーマだったのですが、実店舗にも置き換えられると思い私なりの考察をお話します。

これから生き残れる店舗は顧客の多様化したニーズに応えることだ、と何度もこのコラムで話をしてきました。

このことは今後の動向を占う最先端のセミナーでも言っていたので当を得ていることを再確認できました。

そして、価格帯別に生き残るためのすべは以下の通りです。

1)低価格帯商品 低額商品は顧客の心に寄り添うことは求められずAI化が進む(オペレーション重視)

2)中・高価格帯商品 情に触れる接客術を提供することで繁盛する(非AI化)(クリエイティブ重視)

低価格帯はとにかくコスト管理が今後AIを巻き込んでますます進むでしょう。

そして、中・高価格帯は商品力やサービス力だけではなく、顧客に寄り添い顧客のことを知り尽くしファンを量産する店だけが生き残るようになります。

組織力から個の力が重視される時代になります。

それは、SNSの影響力を持った人を面接なしで採用する企業が増えていることからも今後のトレンドになることでしょう。

店舗内で組織力を必要としてきたことはAIが取って代わり、個人の能力を最大限生かせる環境作りに今後企業は向かっていきます。

つまり、もうスタッフは言い逃れができない時代になる、ということです。

個の時代だからこそ一気通貫したセールスプロセスを自分の中で確立しなければ勝ち残れなくなります。

まさに「店内AKB状態」になる、ということです。

必然的に競争原理が働くようになり組織は活性化する、という流れになります。

店内スタッフがタレント集団になるからこそ管理を卒業する必要があります。

管理よりも自由を与え、柔軟な思考を許し、いやむしろ歓迎することが求められるし、意思決定の多くを店内スタッフに委ねることが求められます。

組織のアップデートのキーワードは「スピード感」

今までの本部と現場のやりとりには縦割りの組織構造があり決済に時間がかかっていました。

特に実店舗は自社で商品を製造しているわけではないので、スピード感がとにかく遅い。

しかし、これからの時代はリアルタイムに顧客の潜在ニーズに応える(中・高額商品やサービス)ことが求められるため、売り方・提供の仕方・見せ方をアップデートする必要があります。

低価格帯の商品やサービスはAIの力を借りてとにかく即断・即行・即決のマネジメントを追求すれば事業規模にもよりますが市場で勝てると思います。

人の力を最小限にして安定したクオリティで供給できれば低価格帯は顧客が満足します。

中・高額商品はそういうわけにはいかず、どうしても接客や店内販促が必要になります。

なぜなら、欲しい商品を購入するだけならネットやコンビニで十分だからです。

話は変わりますが先日ローソンで購入した汁なし担々麺が死ぬほどうまかった

別にラーメン店に足を運ばなくてもうまいラーメンは食べられるようになりました。

カップ麺のクオリティもものすごく上がっていますしね。

ここと勝負するのは難しい。

やはり、付加価値をつけた接客や店内販促が求められるのです。

そして、人が提供することに顧客自身も価値を見いだせる戦略や施策が重要になります。

補足すると、接客面OK、販促面もOKという店舗は、リアルタイムでしか体験できないトキ消費も盛り込みながら自社でどう展開をしていくのかを考えると良いでしょう。

まさにライブ感です。

今後当社クライアントでも店舗経営2.0を主軸とした経営コンサルティングを実施していきます。

既存のモデルに固執せず、未来の経営のあり方を模索したい!という方はぜひ私のオンラインサロンに入会してください。

50名までは月々2980円で参加することができます。

51名からは3980円になる予定です。

今26名の組織になりました(1ヶ月で20名が入会済)。

ぜひ今のうちにご参加頂けると一緒に理想的な未来を構築できます。

まだまだ仲間が足りないのでぜひ!

成田直人オンラインサロンはこちらから!

店舗経営2.0専用ラジオチャンネルを作りました!

チャンネル登録お願いします!

YOUTUBEチャンネル 店舗経営2.0:既存のモデルを壊す勇気を持て!

このラジオを聞いていただくとより理解が深まります。

チャンネル登録も忘れずに!

そして、このサイトからしか入れない会員制のFBグループがあります。

 

店舗経営2.0FB公式グループ

店舗経営2.0FB公式グループ

経営幹部限定のコミュニティなのでみんなで切磋琢磨して業績上げていきましょう!

ツイッターも再開したのでぜひフォローをお願いします。

FamilySmileへの研修やコンサルティングの問い合わせはこちらをクリックしてください。